日本の伝統色
代表的な色名を簡単な説明とともに掲載しました。
もちろんこの他にも色々あります。

●ピンク系

紅梅色
(こうばいいろ)
紅梅の花の色から
きた色名

桜色
(さくらいろ)
桜の花びらのように
薄いピンク色

石竹色
(せきちくいろ)
ナデシコ科の石竹の
花の色

鴇色
(ときいろ)
鴇の風切羽根の色
江戸時代より使われている

桃色
(ももいろ)
桃の花の色
古くからある色名

洗朱
(あらいしゅ)
朱色の薄い色
明治時代に流行した

浅緋
(うすあけ)
緋色の薄い色のこと
古代よりある

薄紅
(うすべに)
紅染めの薄い色
退紅(たいこう)とも言う

長春色
(ちょうしゅんいろ)
ローズ色のにぶい色
大正時代に流行した

灰桜
(はいざくら)
桜色の灰みのかかった色
明度の高いソフトな感じ

 

●赤系

紅色
(べにいろ)
紅花からとった
色素でやや紫がかった色

蘇枋色
(すおういろ)
蘇枋の煎汁で染めた色
中国から渡来した

薄蘇枋
(うすすおう)
蘇枋染めの薄い色
浅蘇枋とも言う

唐紅花
(からくれない)
紅染めの濃い色
紅色よりやや黄がかった色

緋色
(ひいろ)
「あけ」とも呼び
古来よりある赤

猩々緋
(しょうじょうひ)
かいがら虫で染めた色
江戸時代初期よりある

深緋
(こきひ)
茜に紫紺を混ぜて染める
「くろあけ」
「ふかきあけ」

茜色
(あかねいろ)
茜草の根で染めた色
古来よりある色

緋退色
(ひざめいろ)
緋色のあせたような色
にぶい調子の色

滅赤
(けしあか)
赤みのずっと弱い
灰みのかかった赤

 

●オレンジ系

朱色
(しゅいろ)
辰砂からとった染料で
染めた色のこと

柿色
(かきいろ)
照柿の実のような色
歌舞伎でいう色とは違う

黄丹
(おうに)
朱華(はねず)とも言う
オレンジに近い赤

蜜柑茶
(みかんちゃ)
蜜柑色の茶色がかった色
大正の頃からの名前

飴色
(あめいろ)
透明感のある
飴のような色

蒲色
(かばいろ)
がまの穂からきた色
樺色とも書く

萱草色
(かぞういろ)
萱草の花のような
明るい黄色みのオレンジ

柑子色
(こうじいろ)
橘の実の色からきた。明治
ころから使われたらしい

素緋
(そひ)
緋の薄い色のことを指す
茜根の灰汁媒染で染めた色

丁字色
(ちょうじいろ)
沈丁花に似た木の丁字を
煎じた液で染めた色

  

●イエロー系

女郎花
(おみなえし)
秋の花、女郎花の花色
からきた色

山吹色
(やまぶきいろ)
山吹の花のような
冴えた赤みの黄色

菜の花色
(なのはないろ)
菜の花の花色からきた名
やや緑味をおびた黄色

鬱金色
(うこんいろ)
生姜科の鬱金で染めた
鮮やかで濃い黄色

梔子色
(くちなしいろ)
梔子の実で染めた
くすんだ赤みをおびた黄色

黄檗
(きはだ)
黄檗の樹の内皮で
染めた鮮やかな黄色

刈安
(かりやす)
すすきに似た刈安で
染めたやや緑おびた黄色

藁色
(わらいろ)
稲を乾燥した藁の
にぶい中間調の色

菜種色
(なたねいろ)
菜種油または
菜種の色

辛子色
(からしいろ)
芥子菜の種を
すりつぶした物の色

 

●グリーン系

猫柳色
(ねこやなぎいろ)
ねこやなぎの
ソフトな色調をさす

若芽色
(わかめいろ)
植物の柔らかい
若芽の色

若苗色
(わかなえ)
稲の若苗のような
明るい黄緑

若葉色
(わかばいろ)
萌え出た若葉の
瑞々しい色

若草色
(わかくさいろ)
新鮮な若草の
すがしい緑

鶸色
(ひわいろ)
鶸の羽毛からきた色
実際の羽毛より美しい色

鶸萌葱
(ひわもえぎ)
鶸色より緑がかった色
鶸色と萌葱の中間

萌葱色
(もえぎ)
萌え出る葱の芽の色
萌黄色とも萌木色とも書く

草色
(くさいろ)
草の色のような濃い黄緑
  

柳葉色
(やなぎばいろ)
柳の葉のような
柔らかい感じの黄緑

苔色
(こけいろ)
苔の色から名前
ややくすんだ感じの緑

松葉色
(まつばいろ)
松の葉のような暗い
萌葱色「松の葉色」とも言う

青丹
(あおに)
顔料などに用いた青土の
ような鈍く暗い黄緑

常盤緑
(ときわみどり)
常盤木の美しい緑
常盤色とも言う

千歳緑
(せんざいどり)
常盤緑より
さらにくすんだ深い緑

 

●ブルーグリーン系

白緑
(びゃくろく)
日本画の緑青を
細かく粉末にした色

緑青
(ろくしょう)
銅が腐食した色
くすんだ緑味の青

青磁色
(せいじいろ)
中国の焼物・青磁から
きた色。白味のある緑色

錆青磁
(さびせいじ)
青磁色が渋く
くすんだ色

山葵色
(わさびいろ)
山葵の葉からきた色
実際より青味がかっている

若竹色
(わかたけいろ)
明るく新鮮な感じの
青味の緑。青竹より明るい

青竹色
(あおたけいろ)
青味の緑のこと。実際の
竹のいろより青が強い

浅緑
(あさみどり)
緑のうすい色のこと
  

深緑
(ふかみどり)
深いイメージのある緑
藍と刈安で染めたもの

木賊色
(とくさいろ)
木賊の茎の色
からきた色

浅黄色
(あさぎいろ)
青味がかった葱の色からきた
色名。緑味のやや薄い青

水浅黄
(みずあさぎ)
浅黄色のやや薄い
黄味のある青

浅浅黄
(うすあさぎ)
水浅黄より薄い
黄味のある青

錆浅黄
(さびあさぎ)
浅黄色のややくすんだ
浅い緑青色

海松藍
(みるあい)
海松色と藍色の中間の色
暗い青味の緑

NEXT